オトコに教わる枕営業

3話 キスされながら、奥まで責められて…感じてる顔、恥ずかしいから見ないで

 

キスをしながら服を脱がされる麻倉。

 

後輩・藤宮くんの慣れた手つきが気持ちよくって・・・

 

抵抗できない身体になっている・・・

 

スーツを脱がしながら、優しく触ってくる藤宮くん。

 

その指はとうとう大事な部分まで降りてきて・・・

 

敏感なアソコを優しく責める!

 

そしてそのまま指が優しく入ってきて・・・

 

あまりの気持ちよさに、麻倉はイッてしまう!

 

「先輩の顔、いやらしくて魅力的ですよ。」

 

恥ずかしくて目を合わせられない麻倉・・・

 

しかし藤宮くんの愛撫は止まらず。

 

「感じてる表情、すごく可愛いですよ。」

 

・・・そんな事耳元で囁かれてどうにななりそう!

 

「先輩、よく頑張りました!

 

営業成績を上げるためもっと頑張りましょう!」

 

あくまで一途な藤宮くん。

 

「この続きはホテルでしましょう!」

 

(・・・え?ホントに!?)

 

戸惑う麻倉だが、何故か心がときめいている・・・

 

そして会社の帰り際に、藤宮くんにホテル名と部屋番号を買いたメモを手渡され・・・

 

麻倉は最初は断ろうとホテルに行くんですが・・・

 

部屋を開けると、藤宮くんに腕を取られて彼のペースに!!

 

この営業レッスン、どうなっちゃう??

 

 

→続きはコチラから


inserted by FC2 system